So-net無料ブログ作成
検索選択

J3第18節 セレッソ大阪U-23×鹿児島ユナイテッドFC@長居 [鹿児島ユナイテッドFC]

2週連続のアウェイ戦となるセレッソ大阪U23戦に参戦するため大阪に奇襲してきました。
DSC04342.JPG

会場は長居スタジアム。U23戦を長居スタジアムで観れるのは贅沢ですね。

とりあえず、スタジアムへ行く前に周辺を少し取材してきたのでそのレポートを。

御堂筋線長居駅出口のすぐ近くにあるサッカーショップ「蹴球堂」さん。セレッソグッズを取り揃えております。店内はかなりの狭さ。
DSC04346.JPG

JRの長居駅西口の商店街。こうやってフラッグやのぼりを飾ってくれるのは嬉しいですね。
DSC04347.JPG
DSC04348.JPG
DSC04350.JPG

長居スタジアムのすぐ近くにある長居第2陸上競技場。メインスタンドは個席、バックスタンドにもイスがあって結構立派。ゴール裏からの眺めはお察し。07年を最後にセレッソの試合が行われていないけれど、J3のU23戦をここで開催するのもありなのかなと。
DSC04355.JPG
DSC04352.JPG
DSC04358.JPG
DSC04359.JPG
DSC04360.JPG

そんなこんなで、ようやく長居スタジアムに入場。
DSC04366.JPG
DSC04368.JPG

コンコースには鹿児島ユナイテッドグッズコーナーも。
DSC04371.JPG

ここからは座席からの眺めを紹介したいと思います。

長居スタジアムは陸上競技場だけど、客席の傾斜が急なので見やすいと評判で自分も好きなスタジアムです。これぐらいか、これ以上の傾斜が新スタジアム作りで当たり前になってほしいですね。
DSC04375.JPG

メインスタンド中央最前列より
DSC04393.JPG

メインスタンド中央上段より
DSC04386.JPG

メインスタンド中央上段を占めるテーブルシート(記者席)。汚れがやや目立つ。たまには掃除してるのだろうか。
DSC04385.JPG

昔撮影したバックスタンドから見たメインスタンド。
osaka_nagai-stadium2012.jpg
osaka_nagai-stadium0318.jpg

メインスタンド各ポイントからの眺めはこんな感じです。
DSC04377.JPG
DSC04379.JPG
DSC04380.JPG
DSC04382.JPG
DSC04384.JPG
DSC04399.JPG
DSC04401.JPG
DSC04402.JPG
DSC04407.JPG
DSC04409.JPG

試合は、藤本の2ゴール(PK1)と五領淳樹のゴールで鹿児島が3-1でC大阪U23を破り、2連勝!

立ち上がりはあまり上手くいなかった印象だけど、前半終了間際の赤尾の素晴らしい仕掛けが得点につながって勢いに乗れたね。2点目の五領淳樹のゴールも見事な崩しだったし、素晴らしいサッカーが見れてサポーターも大満足!蒸し暑い中勝ち点3を獲得してくれた選手に感謝!
DSC04418.JPG
DSC04420.JPG

入場者数は745人でした。大阪に駆け付けたサポーターの皆さんはお疲れ様でした!次のアウェイ戦は9月2日(土)の藤枝戦です。いっぱいのお運びよろしくお願いします!
DSC04417.JPG


ARIA 完全版 6 ARIA The MASTERPIECE (BLADE COMICS)

ARIA 完全版 6 ARIA The MASTERPIECE (BLADE COMICS)

  • 作者: 天野こずえ
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2017/07/10
  • メディア: コミック


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

鈴木啓太引退試合 REDS LEGENDS×BLUE FRIENDS@埼スタ [浦和レッズ]

7月17日(月・祝)、2000年から浦和レッズ一筋、15年シーズン終了後に惜しまれながら引退した鈴木啓太の引退試合が埼玉スタジアムで行われました。
DSC04218.JPG

啓太のグッズコーナーも大賑わい!
DSC04219.JPG

観戦した場所は「啓太指定3」。すぐ隣の席が「啓太指定1」というちょっとお得な?場所。普段はSA指定の場所です。S席(代表ではカテゴリー1)とSA席(代表ではカテゴリー2)の間からの眺めはこんな感じです。
DSC04223.JPG

SA席の最もS席寄りの前列からの眺めはこんな感じです。
DSC04229.JPG

そんなこんなでアップ開始!
DSC04234.JPG
DSC04237.JPG
DSC04239.JPG

この試合のために、《REDS LEGENDS》には浦和の戦友である福田正博・ワシントン・ポンテ・闘莉王・都築・永井雄一郎・小野伸二・岡野・マリッチ・アレックス・坪井・内舘などが、そして《BLUE FRIENDS》にはアテネ五輪代表やオシムジャパンでのチームメイトである中村俊輔・松井大輔・福西崇史・石川直宏など豪華なメンバーが啓太のために集まりました!REDS側の監督はギド・ブッフバルト、BLUE側の監督が岡田武史と、監督も豪華!

両チームのスタメンと全メンバー。啓太は前半はBLUE側で出場。
DSC04245.JPG
DSC04244.JPG
DSC04261.JPG
DSC04260.JPG

前半はREDSの岡野が走りで魅せたり、福田さんが接待もある中で決められず笑いとブーイングを誘ったりしつつ、啓太の2ゴールなどでBLUEが3得点!
DSC04249.JPG
DSC04253.JPG
DSC04254.JPG
DSC04259.JPG

後半は啓太はREDS側に。06年のリーグ優勝、07年のACL優勝を思い出させるメンバー構成に。永井とアレックスがドリブルで魅せ、ワシントンとポンテが2ゴールを決めてREDSが一気に逆転!終盤BLUEが獲得したPKを何故か岡野がBLUEのユニフォームを着て登場して決めて岡田監督の下に全力ダッシュするという伝説の再現も(笑)

素晴らしい選手たちのプレーで大いに盛り上がる中、試合はついにタイムアップ。
DSC04269.JPG

感動の鈴木啓太引退セレモニー。場内一周時には、啓太に向けたコレオが!空席があった上段も指定席にいたサポの協力もあって、素晴らしいコレオが浮かび上がりました!
DSC04279.JPG
DSC04281.JPG
DSC04285.JPG
DSC04290.JPG
DSC04292.JPG
DSC04294.JPG
DSC04296.JPG
DSC04306.JPG
DSC04308.JPG
DSC04313.JPG
DSC04318.JPG
DSC04320.JPG

そして最後は啓太もゴール裏に行って、啓太も一緒に「We are Diamonds」を歌って素晴らしい雰囲気の中で最後のピッチを後に。
DSC04329.JPG
DSC04341.JPG

00年から15年まで浦和レッズ一筋!個人的に一番印象に残ってるのは03年ナビスコ杯のグループリーグ最終節・神戸戦での啓太の決勝ゴール。このゴールのおかげでグループ2位になって決勝Tに進むことができて、決勝で鹿島に勝って浦和が念願の初タイトルを獲得できたので、浦和の歴史の中でも結構重要なゴールでした。

このナビスコ杯優勝から天皇杯やリーグ優勝、ACLも獲って浦和の数々の勝利とタイトル獲得に貢献してくれて本当にありがとうございました!そして16年間のプロサッカー選手生活本当にお疲れ様でした!鈴木啓太の今後の人生に幸あれ!

入場者数は25,756人でした。参戦されたサポーターの皆さんはお疲れ様でした!そして啓太のために集まったレジェンドの皆さんも素晴らしい試合をありがとうございました!


JリーグオフィシャルDVD 浦和レッズ イヤーDVD 2003

JリーグオフィシャルDVD 浦和レッズ イヤーDVD 2003

  • 出版社/メーカー: 日活
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

J3第17節 SC相模原×鹿児島ユナイテッドFC@相模原麻溝 [鹿児島ユナイテッドFC]

アウェイの相模原戦に参戦。
DSC04213.JPG

今シーズンは4月2日の夢の島でのFC東京U23戦の勝利から、沼津・長野・秋田・栃木・盛岡とアウェイの地で勝利に見放されていたけれど、相模原に3-1で勝利して久々にアウェイで勝ち点3を獲得!
DSC04214.JPG

前半ラストプレーでの川森の今シーズン初ゴール、後半の吉井のボレー、相手のミスを逃さなかった藤本のゴールと3点とも見事なゴール。長短のパスも冴え、鹿児島の狙い通りの試合ができたかなと。暑く湿度も高い中、勝ち点3を獲得してくれた選手に感謝!

この勝利で鹿児島は5位に浮上したけど、アウェイ戦に限定した順位だと11位(17チーム中)。上位に行くためにはアウェイでの勝ち点が重要になってくるので、これからもアウェイのサポーターに勝利を見せてくれることを期待!

入場者数は3,127人。参戦されたサポーターの皆さんはいっぱいのお運びありがとうございました!
harataima_asamizo-stadium.JPG
DSC04200.JPG
DSC04203.JPG
DSC04204.JPG
DSC04206.JPG
DSC04209.JPG
DSC04210.JPG
DSC04215.JPG


浪漫的世界31(初回限定盤)(DVD付)

浪漫的世界31(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: FlyingDog
  • 発売日: 2009/11/26
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

JFL2nd第1節 ブリオベッカ浦安×ヴァンラーレ八戸@柏の葉 [その他サッカー]

JFLのブリオベッカ浦安ヴァンラーレ八戸の試合を観戦してきました。
DSC04194.JPG

会場は柏の葉公園総合競技場。浦安市の競技場が人工芝でJFLの試合が開催不可で、浦安はJFL昇格後は柏の葉等でのホームゲーム開催を余儀なくされていると聞いたことがあります。どこもスタジアム問題では苦労していますね。

とりあえず柏の葉は今まで一度も行ったことがなく、今回初めての訪問だったので、いろいろ紹介したいと思います。

柏の葉競技場へのアクセスは、つくばエクスプレスの柏の葉キャンパス駅より徒歩20~25分またはバス。駅前にはららぽーとがあるので買い物には困りません。公園内を突っ切れば辿り着きます。
DSC04104.JPG

入場ゲート
DSC04108.JPG
DSC04138.JPG

コンコース
DSC04110.JPG

アウェイのヴァンラーレもグッズ売店を出店してました。ティガーマスクさんの謎Tシャツも(笑)。
DSC04111.JPG
DSC04113.JPG

ここからは客席からの眺めを紹介していきます。

メインスタンド中央からの眺め
DSC04122.JPG
chiba_kashiwanoha-stadium.JPG

浦安の横断幕
DSC04125.JPG
DSC04117.JPG

八戸の横断幕。昨シーズン鹿児島でも活躍してくれた金久保彩選手の横断幕も。現在は八戸で頑張っています。監督は元日本代表の柱谷哲二さんが務めております。
DSC04141.JPG
DSC04140.JPG

メインスタンドは屋根があって、傾斜もそこそこあるので見やすいです。
DSC04130.JPG
DSC04135.JPG

ゴール裏とバックスタンドは傾斜も緩く、高さも無く、見づらいと酷評されております。ただ屋根があるので、町田や夢の島よりはいいのかなと。
DSC04129.JPG

アップ中の様子
DSC04128.JPG

選手入場…!
DSC04150.JPG
DSC04152.JPG

気温32.5度の中キックオフ…!
DSC04157.JPG

試合は開始早々に浦安がCKからゴール。その後も浦安ペースで進み、前半は浦安が圧倒して終了。

HTに荒々しく踊る浦安のマスコット『舞田べか彦』
DSC04174.JPG

前半1本しかシュートを撃てなかった八戸。しかし後半開始早々、PKを決めて同点に。さらに直後にも再びPKを獲得。そのPKは金久保がキッカーを務め、GKにコースを読まれながらも決めてあっという間に八戸が逆転に成功。さらに八戸の勢いは止まらず、金久保のクロスからの流れから3点目を奪い勝負あり。
DSC04179.JPG
DSC04184.JPG

水分補給の休憩タイムが前後半設けられるほど暑い中行われた試合でしたが、サポーターが熱くなれるいい試合でした!金久保もボランチでフル出場!素晴らしい活躍でした!ゴールも見れて大満足!

入場者数は464人でした。両サポーターと選手の皆さんは暑い中お疲れ様でした!

現在、八戸の年間順位は5位。八戸は最もJ参入に近いって思っているので、この勝利で勢いに乗って参入条件である年間4位以上を目指して勝利を積み重ねてほしいですね!Jリーグは八戸の参入を心待ちにしておりますよ!天皇杯の甲府に続き名古屋撃破も期待しております!
DSC04185.JPG
DSC04188.JPG


サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ

サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ

  • 作者: 宇都宮徹壱
  • 出版社/メーカー: カンゼン
  • 発売日: 2016/11/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

J3第15節 グルージャ盛岡×鹿児島ユナイテッドFC@盛岡南 [鹿児島ユナイテッドFC]

週末パス(+くりこま高原~盛岡の乗車券)を駆使してアウェイの盛岡戦に参戦して来ました。

特に前半かなり決定機を作るも、GKの好セーブやゴールライン上でDFに防がれたりするなど、相手の守備も光り、最後までネットは揺らせずスコアレスドロー。

鹿児島は今シーズン14試合目にして初の引き分け。鹿児島の時間が長く、できれば勝ち点3を持ち帰りたかったけれど、5試合ぶりにアウェイでの勝ち点を獲得。

入場者数は1,335人でした。遠い盛岡まで駆け付けたサポーターの皆さんはお疲れ様でした!来シーズンは発表前から全国的に大人気のマスコット・キヅールに会えるといいなって。

鹿児島の次のアウェイ戦は、7月16日(日)の相模原戦@麻溝です。いっぱいのお運びよろしくお願いします!

DSC04088.JPG
DSC04090.JPG
DSC04091.JPG
DSC04092.JPG
DSC04093.JPG
DSC04094.JPG
DSC04095.JPG
DSC04100.JPG
DSC04101.JPG


青春の上方落語 (NHK出版新書)

青春の上方落語 (NHK出版新書)

  • 作者: 笑福亭 鶴瓶
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2013/12/06
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ