So-net無料ブログ作成
浦和レッズ ブログトップ
前の10件 | -

J1最終節 浦和レッズ×横浜F・マリノス@埼スタ [浦和レッズ]

2017年のJ1も最終節です。

水曜の川崎戦に続き、この日もACL優勝トロフィーの展示があり、大変賑わっておりました!現物をこの目で見れる機会があるのは嬉しいですね!
CIMG0495.JPG
CIMG0500.JPG

リーグ最終戦を勝って締めたかった浦和。しかしマリノスに0-1で敗戦。
CIMG0516.JPG

前半はチャンスを多く作るも、後半8分にマイナスのクロスから巧みなシュートを決められ失点。その後はACL決勝の激闘と川崎戦の疲労からかマリノスに攻め込まれ、浦和はシュートまで至れない展開に。終盤ようやく押し込むもネットは揺らせず。

入場者数は41,618人でした。消化試合だったとはいえ最終節にしては少ない印象でしたが、参戦されたサポーターは寒い中お疲れ様でした!
CIMG0515.JPG
CIMG0507.JPG

リーグは14勝7分13敗で7位。ホームで7勝5分5敗、アウェイで7勝2分8敗。失点が54で下から4番目の多さ。勿体ない失点も多く、20節から堀監督になって改善されるもラスト3節で3試合連続0-1の敗戦と攻撃面で不安を残す結果に。終盤守備はかなり良くなったと思うので、来シーズンも指揮を執ることが決定した堀監督のもと今後さらに魅力的なサッカーを見せてくれることに期待です!
CIMG0519.JPG

最後はクラブW杯に挑む選手たちを『PRIDE OF URAWA』のコレオで後押し!世界の舞台でも勝ち進んで浦和レッズここにありという所を見せてほしいですね!
CIMG0529.JPG
CIMG0539.JPG
CIMG0546.JPG


スポーツのちから:地域をかえるソーシャルイノベーションの実践

スポーツのちから:地域をかえるソーシャルイノベーションの実践

  • 作者: 松橋 崇史
  • 出版社/メーカー: 慶應義塾大学出版会
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

世界に見せつけた俺たちの誇り! ACL決勝2ndレグ 浦和レッズ×アルヒラル@埼スタ [浦和レッズ]

浦和レッズが10年ぶりに進んだACLのFINAL。何とかSC指定席のチケットが取れたので、ACL決勝2ndレグに参戦してきました!

アウェイ・サウジアラビアで行われた1stレグは苦戦しながらも1-1のドロー。埼スタホームでの2ndレグで勝利または0-0で浦和の優勝が決まる一戦!10年前と一緒の条件です!

埼玉高速鉄道も増便、浦和美園駅の臨時改札も解放といつもとは違う異様な雰囲気の中埼スタへ。

選手アップ時『PRIDE OF URAWA』のチャントで迎えるゴール裏。決勝バージョンのArchangelの煽りVも最高でした!
CIMG0197.JPG
CIMG0200.JPG

アルヒラルサポーター
CIMG0205.JPG

スタメン発表がいつもと違うFINAL仕様でちょっと困惑
CIMG0207.JPG
CIMG0209.JPG

選手入場前には何やら仰々しくセレモニーが。スタジアムにはサッカーだけがあればいいという浦和の哲学に反したセレモニーの最中、見向きもせず浦和レッズコールして威風堂々始めたサポはGJ!
CIMG0215.JPG
CIMG0216.JPG

いよいよ選手入場・・・!
CIMG0219.JPG

2つの星・エンブレム・ACLトロフィーの素晴らしいコレオで選手を迎え最高の雰囲気に!
CIMG0223.JPG
CIMG0222.JPG

緊張のキックオフ・・・!
CIMG0228.JPG

スタメン・・・!意外にも出場停止明けのマウリシオがベンチスタート。
CIMG0230.JPG

1stレグ同様アルヒラルの厳しいチェックで中々シュートまで至らない展開が続くも、浦和も危ないシーンこそあったものの、しっかり集中して粘り強く対応して失点は許さず、前半0-0で折り返す。

後半開始前、南も指定席も巻き込んだ「歌え!浦和を愛するなら!!」で選手を迎えるサポーター!
CIMG0231.JPG

後半もアルヒラルがボールを保持する時間が続くも、浦和が身体を張ってゴールを死守。逆にカウンターやセットプレーから浦和にもビッグチャンスが巡ってくるも相手GKのスーパーセーブもあり、0-0の一進一退の展開が続く。

このまま0-0なら浦和の優勝のため、アルヒラルも次第に焦りが出てきたかプレーが荒れ気味に。そんな中、後半30分過ぎにアルヒラルの選手が2枚目のイエローで退場に!

そしてAT直前の後半43分、ついに浦和に歓喜の瞬間が…!

武藤のパスから上手く身体を入れ替えて抜け出したラファエル シルバの放った強烈なシュートがゴールに突き刺さり、ついに浦和が待望の先制点!狂喜するイレブンとサポーター!
CIMG0239.JPG

このまま守り切れば優勝!残り時間はATのみ、サポーター全員での『PRIDE OF URAWA』のチャントで必死に後押し!そして、最後まで失点を許さずついにタイムアップ…!
CIMG0243.JPG

浦和が1-0で勝利…!ついに浦和レッズがACL優勝を成し遂げました!
CIMG0245.JPG

10年ぶり2度目のACL優勝…!最高でした!奇跡が起きました!
CIMG0246.JPG
CIMG0249.JPG

本当に奇跡の優勝と言っていいと思います。決勝Tで済州と川崎にホームで大逆転勝利。何とACLの試合はホームでは全勝という結果に!上海上港とアルヒラルのアウェイ戦は圧倒的に攻められながらも西川や槙野らの大活躍でアウェイゴールを奪ってのドロー。本当に神様が「浦和優勝しろ」って言ってるのではないかというぐらい神ががっておりました!

ACL優勝の瞬間、スタジアムにいることができて幸せでした!精悍に闘って優勝を勝ち取ってくれた選手をはじめ、浦和レッズに携わる全ての人達に感謝です!優勝おめでとう浦和レッズ!
CIMG0256.JPG
CIMG0264.JPG
CIMG0270.JPG

ACLのトロフィーを掲げた阿部勇樹と平川は10年前の優勝メンバー。ACLを2度制すキャリアはすごいですね!
CIMG0271.JPG
CIMG0278.JPG
CIMG0282.JPG
CIMG0287.JPG
CIMG0294.JPG
CIMG0298.JPG

入場者数は57,727人でした!サポーターの皆様は最高のサポートをありがとうございました!
CIMG0238.JPG

ACL優勝チームとして浦和レッズはUAEで行われるクラブW杯に出場します。浦和の初戦は12月9日。クラブW杯の舞台でも浦和の誇りを見せつける素晴らしい大会にしてほしいですね!
CIMG0301.JPG
CIMG0303.JPG
CIMG0304.JPG
CIMG0306.JPG
CIMG0307.JPG


泣いた日

泣いた日

  • 作者: 阿部 勇樹
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2011/06/16
  • メディア: 単行本


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ACL準決勝2ndレグ 浦和レッズ×上海上港@埼スタ [浦和レッズ]

ACL決勝進出を賭けた上海上港戦2ndレグに参戦!

上海アウェイでの1stレグは1-1のドロー。この試合勝てば決勝進出とあって平日にも関わらずサポーターも早くからいっぱいの来場!
DSC04721.JPG

選手アップ開始時には「歌え!浦和を愛するなら!」で選手を鼓舞!
DSC04715.JPG
DSC04718.JPG

選手入場時には、『THIS IS URAWA』の素晴らしいビジュアル。最高の雰囲気で選手を迎えます!
DSC04735.JPG
DSC04733.JPG
DSC04731.JPG
DSC04732.JPG

緊張のキックオフ…!
DSC04740.JPG

スタメン…!
DSC04741.JPG

試合は、前半12分に長澤が獲得したCKから柏木の素晴らしいキックをラファが頭で合わせてGKの手を弾きながらネットを揺らし、浦和が最初のシュートで待望の先制ゴール!その後は上海に攻め込まれる場面もあるも、守備陣もしっかり対応して1点リードのまま前半が終了。

後半開始前には三色旗で選手を迎えるサポーター。
urawa_0835.JPG

後半、上海がボールを支配し攻める展開になるも、CKから槙野のバー直撃のヘッド、阿部の突破からの興梠の決定的なヘッドなど、上海が攻める中で浦和も虎視眈々と追加点を狙う一瞬も気の抜けない一進一退の展開に。

試合は西川のビッグセーブもあり、浦和がしっかり集中を切らさず対応しながら1-0のまま終盤へ。AT前から始まった「PRIDE OF URAWA」のチャントを受けながら1点を死守する浦和。南ゴール裏、メイン・バックも必死の後押し!

そして…最後まで上海にゴールを許さずついにタイムアップの笛!

この瞬間、2戦合計スコア2-1で浦和の10年ぶりのACL決勝進出が決定!歓喜の選手とサポーター!スタジアムに響く「We are Reds!」の大合唱!もう最高の雰囲気でした!
urawa_0840.JPG

最後の「We are Diamonds」も気持ちよく歌えました!最後まで集中して1点を守り抜いた選手の頑張りに感謝です!
urawa_0844.JPG
urawa_0847.JPG

いよいよ次戦は決勝!相手はサウジアラビアのアルヒラルと対戦。まずは11月18日(土)25:15にアウェイで行われる1stレグ。マウリシオが出場停止で、厳しい試合になることが予想されますが、アウェイゴールと勝利を奪って、浦和の誇りを見せつけて帰ってきてほしいですね!

入場者数は44,357でした。参戦された皆様は本当にお疲れ様でした!


Together [12 inch Analog]

Together [12 inch Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Kontor
  • メディア: LP Record


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1第20節 浦和レッズ×大宮アルディージャ@埼スタ [浦和レッズ]

ミシャ監督が解任となり、2011年以来の監督就任となった堀監督の初陣となった大宮戦に参戦。

前半から再三チャンスを作り、相手ハンドで獲得したPKを興梠が決めて先制!…するも、後半に宇賀神と遠藤の間抜けなミスからあっさり同点に追いつかれる…。

直後、スタメンに抜擢された菊池の仕掛けから柏木のゴールが生まれ勝ち越しに成功するも、終盤相手のヘディングシュートが西川の手の届かないバウンドでゴールに吸い込まれる不運なゴールで同点に追いつかれて終了…。

堀監督の初戦を勝利で飾れず残念だったけれど、守備面では改善された面もあったので、これから激しいチーム内競争で闘える集団に変わって悪い流れを断ち切ってくれることを期待!

入場者数は45,411人(タイミングが無かったのか珍しく試合中にアナウンスされず)。いっぱいのお運び感謝!次戦は水曜にアウェイ甲府戦。関根がドイツ2部への移籍を発表したので、気持ちよく送り出せるように浦和に勝利を!
DSC04428.JPG
DSC04430.JPG
DSC04439.JPG
DSC04441.JPG
DSC04442.JPG
DSC04443.JPG


なれる!SE16 2年目でわかる?SE入門 (電撃文庫)

なれる!SE16 2年目でわかる?SE入門 (電撃文庫)

  • 作者: 夏海 公司
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/08/10
  • メディア: 文庫


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

鈴木啓太引退試合 REDS LEGENDS×BLUE FRIENDS@埼スタ [浦和レッズ]

7月17日(月・祝)、2000年から浦和レッズ一筋、15年シーズン終了後に惜しまれながら引退した鈴木啓太の引退試合が埼玉スタジアムで行われました。
DSC04218.JPG

啓太のグッズコーナーも大賑わい!
DSC04219.JPG

観戦した場所は「啓太指定3」。すぐ隣の席が「啓太指定1」というちょっとお得な?場所。普段はSA指定の場所です。S席(代表ではカテゴリー1)とSA席(代表ではカテゴリー2)の間からの眺めはこんな感じです。
DSC04223.JPG

SA席の最もS席寄りの前列からの眺めはこんな感じです。
DSC04229.JPG

そんなこんなでアップ開始!
DSC04234.JPG
DSC04237.JPG
DSC04239.JPG

この試合のために、《REDS LEGENDS》には浦和の戦友である福田正博・ワシントン・ポンテ・闘莉王・都築・永井雄一郎・小野伸二・岡野・マリッチ・アレックス・坪井・内舘などが、そして《BLUE FRIENDS》にはアテネ五輪代表やオシムジャパンでのチームメイトである中村俊輔・松井大輔・福西崇史・石川直宏など豪華なメンバーが啓太のために集まりました!REDS側の監督はギド・ブッフバルト、BLUE側の監督が岡田武史と、監督も豪華!

両チームのスタメンと全メンバー。啓太は前半はBLUE側で出場。
DSC04245.JPG
DSC04244.JPG
DSC04261.JPG
DSC04260.JPG

前半はREDSの岡野が走りで魅せたり、福田さんが接待もある中で決められず笑いとブーイングを誘ったりしつつ、啓太の2ゴールなどでBLUEが3得点!
DSC04249.JPG
DSC04253.JPG
DSC04254.JPG
DSC04259.JPG

後半は啓太はREDS側に。06年のリーグ優勝、07年のACL優勝を思い出させるメンバー構成に。永井とアレックスがドリブルで魅せ、ワシントンとポンテが2ゴールを決めてREDSが一気に逆転!終盤BLUEが獲得したPKを何故か岡野がBLUEのユニフォームを着て登場して決めて岡田監督の下に全力ダッシュするという伝説の再現も(笑)

素晴らしい選手たちのプレーで大いに盛り上がる中、試合はついにタイムアップ。
DSC04269.JPG

感動の鈴木啓太引退セレモニー。場内一周時には、啓太に向けたコレオが!空席があった上段も指定席にいたサポの協力もあって、素晴らしいコレオが浮かび上がりました!
DSC04279.JPG
DSC04281.JPG
DSC04285.JPG
DSC04290.JPG
DSC04292.JPG
DSC04294.JPG
DSC04296.JPG
DSC04306.JPG
DSC04308.JPG
DSC04313.JPG
DSC04318.JPG
DSC04320.JPG

そして最後は啓太もゴール裏に行って、啓太も一緒に「We are Diamonds」を歌って素晴らしい雰囲気の中で最後のピッチを後に。
DSC04329.JPG
DSC04341.JPG

00年から15年まで浦和レッズ一筋!個人的に一番印象に残ってるのは03年ナビスコ杯のグループリーグ最終節・神戸戦での啓太の決勝ゴール。このゴールのおかげでグループ2位になって決勝Tに進むことができて、決勝で鹿島に勝って浦和が念願の初タイトルを獲得できたので、浦和の歴史の中でも結構重要なゴールでした。

このナビスコ杯優勝から天皇杯やリーグ優勝、ACLも獲って浦和の数々の勝利とタイトル獲得に貢献してくれて本当にありがとうございました!そして16年間のプロサッカー選手生活本当にお疲れ様でした!鈴木啓太の今後の人生に幸あれ!

入場者数は25,756人でした。参戦されたサポーターの皆さんはお疲れ様でした!そして啓太のために集まったレジェンドの皆さんも素晴らしい試合をありがとうございました!


JリーグオフィシャルDVD 浦和レッズ イヤーDVD 2003

JリーグオフィシャルDVD 浦和レッズ イヤーDVD 2003

  • 出版社/メーカー: 日活
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1第8節 浦和レッズ×北海道コンサドーレ札幌@埼スタ [浦和レッズ]

昨シーズンJ2優勝で昇格を決めた北海道コンサドーレ札幌戦に参戦。
DSC03627.JPG

アップ中の様子
DSC03636.JPG

札幌のサブには元浦和の河合竜二、そして小野伸二の名が。共に00年の浦和がJ2を闘った唯一のシーズンを知る数少ない現役選手。選手紹介時にはブーイング(伸二には大拍手も)。
DSC03640.JPG

スタメン
DSC03641.JPG

試合は関根のゴールなどで3-2で勝利し、リーグ戦4連勝!

札幌とは2012年10月以来の対戦で、その時はホーム埼スタで既に降格が決まっていた札幌にまさかの敗戦だったけど、やり返せてよかった!

点差こそ1点差だったものの、終始圧倒して5点ぐらい入っててもおかしくなかったかなと。相手のGKも上手かった。

ただ今シーズンの札幌は結構できるなっていう印象。札幌の2点はどちらもすばらだったし、広島とF東京に勝ってるし、08年や12年のように早々と無様に降格することはないんじゃないかと。サポも熱いし、今シーズンこそ残留を!
DSC03643.JPG

伸二が途中出場でピッチに立つ瞬間も見れて嬉しかったね。試合後はサポーターに挨拶し、大拍手を受けて埼スタを後に。これからもファンを魅了する活躍に期待!
DSC03645.JPG

入場者数は36,880人。参戦されたサポにはいっぱいのお運び感謝!(写真は帰りの遊歩道の様子)
DSC03647.JPG


DVDの1×8いこうよ!(1)これが北海道のYOYO’Sだ!の巻

DVDの1×8いこうよ!(1)これが北海道のYOYO’Sだ!の巻

  • 出版社/メーカー: 札幌テレビ放送
  • 発売日: 2011/10/17
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ACLグループステージMD2 浦和レッズ×FCソウル@埼スタ [浦和レッズ]

2017年シーズンが開幕!

昨年の最終節以来、久々のレッズの試合!
DSC03536.JPG

リーグ戦は逆転負けからのスタートとなってしまったけれど…

ACLは連勝スタート!

昨シーズン、ラウンド16で延長・PKの末に敗退したFCソウルを相手に5-2で勝利!

駒井の移籍後初ゴールなど前半だけで5得点!スーパーFKと終了間際の一瞬の隙で2失点こそしたけれど、素晴らしい勝利!

駒井の初ゴールは嬉しかったね!昨年のPK戦で失敗した悔しい思いも晴らせてよかった!この日はボランチでの出場だったけど、いい仕事してたね。今後の活躍にも期待!

何か「House of love」からのスタメン発表がえらい早いタイミングになってたり、ちょっと困惑もしたけど勝ち点3を獲得してくれた選手に感謝!
DSC03537.JPG
DSC03539.JPG
DSC03540.JPG

入場者数は18,727人でした。参戦されたサポーターの皆さんは寒い中お疲れ様でした!
DSC03538.JPG

埼スタの遊歩道が一部ちょっとだけ広くなってたね。でも、混雑緩和にはあまり意味ないと思われるので今後更なる道幅の拡大にも期待!
DSC03531.JPG


Archangel

Archangel

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: CD Baby
  • 発売日: 2011/09/20
  • メディア: CD



共通テーマ:スポーツ

J1最終節 浦和レッズ×横浜F・マリノス@埼スタ [浦和レッズ]

年間勝ち点1位を賭けた最終節のマリノス戦。
DSC03021.JPG

試合は柏木のゴールで先制するも終盤に同点に追いつかれ、1-1のドローに…
DSC03026.JPG
DSC03030.JPG

しかし、川崎がガンバに負けて浦和の年間勝ち点1位が決定!
DSC03049.JPG

後半40分という土壇場にマルティノスに決められて追いつかれた時は終わったと思ったけどね。HTに川崎が2-0リードって情報が伝わっていたし。

でもその後、西川が何かゆっくりしたりコーナー付近でキープしだしたりして、「あれ、もしかして川崎追いつかれたのか?」って雰囲気に。

どうやら川崎が逆転されたという情報が選手にも伝わってたみたいだね。応援してるこっちはそれどころじゃなかったけど。

1-1で試合が終わり、一旦は静まり返った埼スタだけど、「年間勝ち点1位が決定!」との報が流れた時にはサポも喜び爆発!

ついに手にした年間勝ち点1位!散々悔しい思いをしてきた選手たちも報われて本当によかった!

入場者数は56,841人でした。今シーズン最多の動員!0-0で折り返した後半開始直前の「歌え浦和を愛するなら!」はサブイボもんでしたね!あれで選手のエンジンもかかったね。最高の雰囲気をありがとうございました!
DSC03024.JPG
DSC03025.JPG

最終節のセレモニー後の場内一周時には素晴らしいシャーレのコレオが!
DSC03043.JPG

年間優勝のシャーレを賭けた戦いは11月29日(アウェイ)と12月3日(埼スタ)。自分は参戦できないけど、最後埼スタで浦和の皆が大喜びできますように!
DSC03050.JPG
DSC03036.JPG


共通テーマ:スポーツ

J1・2nd第16節 ジュビロ磐田×浦和レッズ@エコパ [浦和レッズ]

エコパで行われたジュビロ磐田戦に参戦!

ジュビロは3月のホーム開幕戦でミス絡みの失点もあり、まさかの敗北を喫した相手だけど、今回は見事に1-0で勝利!
DSC02900.JPG
DSC02897.JPG
DSC02904.JPG
DSC02905.JPG
DSC02908.JPG

ポストやGKカミンスキーの好セーブに阻まれなかなか均衡を破れずにいたけど、後半30分になろうかという所で駒井の突破からのクロスを武藤が頭で決めてついに先制!その後再三訪れた決定機は逃すも、最後まで集中してジュビロの攻撃を防いで見事に無失点勝利!

この勝利で浦和の2ndステージ優勝が決定!
DSC02911.JPG
DSC02912.JPG

しかし、我々が求めているのは年間勝ち点1位。セレモニーは短めで終了。

川崎が勝利したため年間勝ち点差は1のまま。リーグ戦残すは最終節のマリノス戦のみ。年間1位になるためにはそこでの勝利が絶対条件だけど、選手たちにはこれまで味わってきた悔しさをぶつけてほしいね!

入場者数は24,896人でした。うちレッズサポは1万人以上とのことでエコパゴール裏は2階席も空席がほとんど無いぐらい埋まって素晴らしい雰囲気でした!いっぱいのお運びありがとうございました!
DSC02906.JPG
DSC02919.JPG


ついでに…この日はバックスタンドのA指定席で観戦したので、エコパのバックスタンド等も紹介したいと思います。

バックスタンド前方可動席。傾斜は緩め。
DSC02866.JPG
DSC02867.JPG

バックスタンド1階席上段より。可動席以外の傾斜は18度前後だと思われます。
DSC02873.JPG
DSC02892.JPG
DSC02893.JPG

バックスタンド座席
DSC02871.JPG

バックスタンド1階席最上段の通路
DSC02885.JPG

バックスタンド2階席上段より。傾斜角度は32.5度。
DSC02876.JPG
DSC02878.JPG

一部視界が遮られる席も
DSC02877.JPG

バックスタンドから見た入場待機列のレッズサポ
DSC02882.JPG

メインスタンド前広場の賑わいっぷり
DSC02888.JPG

こんな感じでざっくりと紹介してみました。参戦時の参考になれれば幸いです。エコパに行く機会というのは限られるとは思うけど、見づらいスタジアムではないので是非足を運んでほしいですね!

何はともあれ武藤のおかげで試合後は美味しいお寿司を堪能できていい1日でした!最終戦もしっかり勝って年間勝ち点1位を決めてみんなで喜びを分かち合えますように!
DSC02926.JPG


共通テーマ:スポーツ

J1・2nd第15節 アルビレックス新潟×浦和レッズ@新潟 [浦和レッズ]

ルヴァンを制覇した翌週、アウェイ新潟戦に参戦。
DSC02796.JPG

アウェイ席は完売近い&運営のチケ切りの人数の少なさにより、待機列の最後尾の方は入場がアップ開始直前になった人もいたとか?
DSC02801.JPG

守田横揺れチャント中の新潟サポ
DSC02804.JPG

アップ中の様子
DSC02809.JPG

田中達也の紹介時には拍手が
DSC02812.JPG

座席
DSC02815.JPG

キックオフ直前のバック・メインの埋まり具合
DSC02816.JPG
DSC02817.JPG

選手入場時、オレンジのボードを掲げる新潟サポ
DSC02818.JPG

試合は興梠の2ゴールで2-1で浦和が新潟に勝利!興梠は通算100ゴールを達成!おめでとう!
DSC02827.JPG

かなり対策してきた新潟に対してなかなかペースが握れずに終始苦労したけど、同点で迎えた後半AT直前に素晴らしい勝ち越しゴールを決めてくれて何とか勝ち点3を獲得!
DSC02824.JPG

苦しみながらも勝利をもぎ取ってくれた選手たちには圧倒的感謝!劇的決勝ゴールの直前の西川のビッグセーブも見事でした!
DSC02830.JPG

致命的なパスミスで失点のきっかけを作り、イエローももらっていた森脇に代えて後半スタートから那須を投入したのもいい判断だったね!森脇は切り替えて次はミスを取り返す活躍を見せてくれることを期待!
DSC02821.JPG

新潟は残留争いしてるとは思えない闘いぶりでした。週末パスで行けるアウェイだし、スタジアムも素晴らしいし、動員力もあるので何とか残留を!
DSC02831.JPG

入場者数は29,692人でした。いっぱいのお運びありがとうございました!
DSC02822.JPG

帰りは何となくスタジアムから徒歩で新潟駅に帰ってみた所、45分で着きました。歩いて帰る人も結構いました。レンタサイクルも駅前にいくつかあるみたいなので、自転車で行ってみるのもいいですね。南口にはグッズショップもあるのでこちらも是非!
DSC02797.JPG

川崎が勝ったため年間の勝ち点は1差のまま。年間1位のためには勝利が必要。リーグ戦は残り2試合。まだ厳しい闘いが続くけど、浦和に勝利を!


共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 浦和レッズ ブログトップ